地震に耐える家│まず知っておきたい、建てた年からわかること

前回の続きです。


自分の住む場所が揺れやすいかどうかを調べたら、次は自分の住まいの耐震性について知りたいところです。


耐震診断は市などで補助が出る地域も多いのですが、インターネットでも簡易的な耐震診断が出来ます。本格的な診断を依頼する前にチェックしてみてもいいかもしれません。

日本建築防災協会 http://www.kenchiku-bosai.or.jp/seismic/wagaya.html



簡易版でも最初のチェックとなっているのが1981年(昭和56年)以降に建てた家か否かです。というのは築年代によって適用されている建築基準法(以下基準法)が違うので、それによって壁の中の構造が大体想像できるからです。


木造軸組工法の場合、壁の中の構造(筋交いが入っているか、しっかり固定されているかなど)と壁のある場所のバランスが地震に耐えるかどうかの決め手になります。


1981年(昭和56年)に柱や筋交いは金物を使って固定するよう基準法が改正されたので、それ以降の建物は耐力が上がり、家が倒壊するなどの大きな被害を受ける可能性は低くなりました。
一般木造住宅の場合、構造は基準法にのっとって施工されるので、大地震があるたびに基準法が改正され、基準法の改正とともに耐震強度が増してきたのですね。



築年数が経っている家の場合、高齢のご夫婦や一人暮らしの方がお住まいのケースも多いようです。ご実家が該当する場合などもあるかと思います。まずは上の簡易版診断などで現状を調べてみてはいかがでしょう?
[PR]

by atelier-tsubaki | 2012-10-10 08:51 | 建物の性能・エコ・環境

『マッピー』用ボーダー

<< ちょこっとエコ ブログで植林活動! 地盤のはなし│軟弱地盤はゆれやすい >>