左官壁のつくる陰影│銀座古美術祥雲

知人のお誘いがあり、古美術のギャラリーへ行ってきました。

今回はギャラリーの内装を見学するのが目的です。古美術の展示空間というと、上野の東京国立博物館 法隆寺宝物館が思い浮かびます。薄暗い中に金箔がじんわり光っていた印象があります。

古美術自体は美術館でたまに目にしたり、といった程度で勉強不足ですが、今回画廊で見ると使うイメージがとらえ易く、少し距離が縮まったように感じました。といっても、今のところは、あくまで見て楽しんでいきたいです。


b0274159_22444044.jpg

古美術祥雲、2階ギャラリーの奥にあるラウンジ。展示スペースではないのですが、照明は暗めに抑えられ、陰翳礼賛の空間です。


b0274159_2245040.jpg

天井はへぎ板(以前茶室で見ました)、壁は漆喰の撫できり仕上げです。撫できり仕上げは乾いた後の細かいひび割れが特徴です。鏝あとは見えず、ふわっとした壁になります。


b0274159_23194330.jpg

障子を透過したやわらかい光が当たると、さらに陰影が出来て深みが増します。


展示スペースは一転して黒の漆喰と、黒の洗い出し仕上げでした。内装が竣工したのは3年前で、建築雑誌のコンフォルトにも掲載されたそうです。ギャラリーには香炉や仏像が展示してありました。他に1階の方には縄文式土器や硯、金工なども。現代工芸も取り扱っています。

銀座 古美術 祥雲
http://www.shouun.co.jp/
[PR]

by atelier-tsubaki | 2012-11-01 00:12 | 建物探索

『マッピー』用ボーダー

<< 聖アンセルモ目黒教会│レーモン... A.レーモンド設計 聖十字教会... >>