吉村順三記念ギャラリー建築展│第36回 「豊橋曙町建売住宅」展

毎奇数月は、目白の吉村順三記念ギャラリーに出かけています。

吉村順三氏、軽井沢の山荘などの設計で有名な建築家です。こちらのギャラリーでは、氏の設計思想と創作の姿勢を学ぶ場として、かつての事務所スペースを使って隔月で建築展を開催しています。

手描き図面や模型の展示に加え、いつも事務所OBの建築家の皆さんから建物の説明、設計時のエピソードなど、設計に役に立つお話を伺うことが出来ます。それが毎回、楽しみでもあります。



さて、今回の展示は「豊橋曙町建売住宅」。計画だけで実際の施工はしなかった建物なので、作品集にも載っていない、ここだけで見られる展示だそうです。


小さな建築展 第36回 「豊橋曙町建売住宅」 展
http://www.yoshimurajunzo.jp/sub1_1.html


展覧会パンフレットより
この家は、1976~8年に 愛知県 豊橋市に計画した建売住宅で実施設計までの仕事です。3LDKの延べ床面積 23~27坪の二階建住宅15軒で、最初(’76年)は、御蔵山の家のような仕様の鉄筋コンクリート造で計画しましたが、なぜか木造に設計し直しています。         
一つの設計に コンクリート造と木造の違いを見ることが出来ます。


建築展なので、いつも壁には図面や写真が展示されているのですが、今回は住宅のパターンがいくつかあるので壁じゅうが図面で埋め尽くされています。図面の一部です。
b0274159_1463782.jpg


b0274159_141383.jpg


b0274159_1291644.jpg


b0274159_1271611.jpg



模型も。
b0274159_1233625.jpg


b0274159_124712.jpg


b0274159_1243863.jpg




吉村記念ギャラリーHP
http://www.yoshimurajunzo.jp/


b0274159_1304282.jpg

[PR]

by atelier-tsubaki | 2012-11-04 02:06 | 建物探索

『マッピー』用ボーダー

<< なかなか使える!ガーデンソーラ... 和の技法の染色アート│染色 砂香展 >>