クロスクラブコンサート│2012秋

以前こちらのブログに書いた、クロスクラブのコンサートに行ってきました。
b0274159_0212589.jpg



その日の天気予報は雨。でも、コンサートが終わってからしばらくは天気がもってくれたので、バッハやチャイコフスキーのワルツの余韻に浸りながらお茶の時間を楽しみました。

お茶、といいつつ結局は白ワインを何杯か・・・。秋が深まってくると、徐々に美味しいワインを飲む機会が増えてきました。この幸せ、ずっと続いて欲しいです。


こちらの建物、写真でおわかりの通り日本の家としては珍しく1階の床と中庭が同じレベルになっていて、ホールと中庭は障害なく行き来できるようになっています。建物は2階建てですが、2階は屋根裏部屋ほどの高さしかないので実質平屋程度の高さに抑えられています。それもあり、中庭から建物を見ても囲まれている圧迫感はなく、ちょっと高めの塀がある程度の威圧感。もともと広い庭が、よけい広く感じます。

ホールの中はピアノの置いてあるところが1段下がっており、天井も一番低くなったところにピアノを置いているので自然とそちらに重心を感じます。

コンサートの時には中庭側のカーテンを閉じているので、程よい緊張感ですが、休憩時間にカーテンが開けられて自然光が入ってくると庭に誘われているようで、見る庭ではなく、使う庭としてうまく機能しているのがわかります。

もともとコンサートをやるように建てられた住宅ではないですが、リフォームをしながら、もとの設計を大きく変えずに、現在の活動に合わせて家の使い方を変化させていらっしゃるようです。


b0274159_0261919.jpg


普通ではあまり聴けないオルガンの演奏もこちらのコンサートならでは。山口勝敏さん、奥様、スタッフの皆様、素敵な時間をありがとうございました。


関連記事
名作住宅で楽しむ午後のひととき│久が原 クロスクラブ(山口文象邸)コンサートのご案内
[PR]

by atelier-tsubaki | 2012-11-12 01:44 | 建物探索

『マッピー』用ボーダー

<< 木曽ヒノキの見学│神宮備林にて 軽井沢聖パウロカトリック教会│... >>