断熱にまつわるあれこれ

昨日、住宅の断熱についての記事を書きましたが、西方設計の西方里見さんの本に書かれている文章を引用します。

西方里見著 「外断熱」が危ない!より
何のために断熱をするのか
断熱・気密化の目的は、人と環境に低負荷な家をつくることです。
人に低負荷とするためには、冬に暖かく、夏に涼しく、結露しない家でなければなりません。一方、環境に低負荷とするためには、長持ちし、かつ日々のエネルギーをなるべくつかわなくてもすむ家であることが重要です。これらを実現するものとして断熱・気密化は不可欠な技術であり、必要な性能を得るためには、材料は工法の選択において柔軟かつ慎重に考えなければなりません。
最適な答えは住宅ごとに異なります。「〇〇工法」のようなパッケージ化された工法は、その点からいってもナンセンスといえるでしょう。

ちなみにこの本、「外断熱」が危ない!というタイトルですが、外断熱自体を批判しているのではなく、いい家は外断熱の工法でしか作れない、という偏った考え方の某ベストセラー本を批判している内容です。


断熱だけで本が1冊書けてしまうほど、日本の住宅においての断熱事情、複雑なんですね。昨日の鎌田教授もそうですが、断熱と結露の問題では北海道、東北の研究者、工務店が70年代ごろから研究を重ねこられました。きっかけは1973年のオイルショックです。省エネルギーが始めて叫ばれ、灯油節約のために断熱材を厚くした結果、それまでなかった結露がおこり、挙句の果てに土台や柱が腐る家が急増したようです。

先人たちの試行錯誤のおかげで、壁内結露のメカニズムや断熱材の効果を発揮する施工方法などがわかってきたわけです。政府の省エネに関する政策などともリンクし、昨日の講習会などのように、最新の知識が得られる機会も増えています。新築で次世代省エネ基準以上の性能が求められるのは当然として、今後は断熱リフォームの需要がますます増えていくことでしょう。


外断熱、充填断熱については、どちらもメリット、デメリットがあるのでいずれか一方が優れている工法ではないのかもしれません。しかし、外断熱だと発泡プラスチック系の断熱材(今売れているネオマフォームなど)を使用します。私としては発泡プラスチック系の断熱材は石油製品で、環境ホルモンやリサイクルの面でもあまり使いたくない材料です。シロアリにもかじられてしまうそうですし・・。

健康のこと、環境のことを考えるとウールや麻の断熱材、セルロースファイバーなどがお勧めですが、自宅ではもう少し価格を抑えたかったので、リサイクルペット樹脂から出来たパーフェクトバリアを使用しました。こちらもゼロホルマリンの製品です。これらの断熱材は人体に安全なだけでなく、吸湿作用が高いので結露の問題に対しても有効に働きます。いろいろな意味で健康的ですね。


いずれにしても、断熱材の選択も含め、最適な工法は住宅ごとに異なる解があるという西方さんの考えに共感いたします。コストに加え、防災、エコロジーや健康・安全、耐久性などの要素も考えた判断が必要になります。
[PR]

by atelier-tsubaki | 2012-11-30 00:59 | 建物の性能・エコ・環境

『マッピー』用ボーダー

<< 次世代省エネ基準住宅の暖房エネ... 冬でも暖かく│高断熱施工技術 ... >>