彫刻家自邸の数奇屋見学│小平市 平櫛田中彫刻美術館

久しぶりに西東京方面に行く用事があったので、小平市 平櫛田中彫刻美術館に行ってきました。


平櫛田中邸というと台東区の方は知っていましたが、こちらは数奇屋建築の参考に、ということでお勧めされて知りました。田中さんが98歳、昭和45年に完成し、その後10年間(!)を過ごしたそうです。


美術館は地上2F、地下1Fの展示館と田中さんの自邸の平屋の記念館に分かれています。記念館の方は邸宅と呼ぶにふさわしい本格数奇屋。平屋の端正なたたずまいです。
b0274159_1441030.jpg



玄関脇にはお茶室が。白い漆喰塗りの母屋に対し、こちらは暖かい色の土壁仕上げでどことなく素朴な雰囲気です。後ろに見える大壁の建物はアトリエ棟で、こちらはベージュ色とちょっとづつグラデーションがついています。
b0274159_145484.jpg



茶室は離れになっていて、母屋から行くには外廊下を通ります。突き当たりの扉の中が水屋でした。
4畳半の茶室には書もよくされた田中さんの掛け軸がかかっていました。そちらはあいにく撮影禁止なので写真なしです。
b0274159_14202852.jpg



母屋と坪庭をはさんで茶室、外廊下を臨みます。薄く延びた銅版のラインがきれいですね。
b0274159_14334764.jpg



母屋の内部も撮影禁止でしたが、書院造のたいそう立派な建物でした。庭園も日本風に整備されていました。春と秋には野点のお茶会も催されるそうです。
b0274159_14491532.jpg



記念館のことばかり書いてしまいましたが、展示の方も田中さんの彫刻作品を中心に書や工芸品もあり、大変すばらしかったです。個人の記念館としては展示物のボリュームもあり、観覧料300円はお得です。



最後に・・

最初つくばいを見たときここは珍しく灯篭がセットでないな、と思ったのですが、廻り込んで見たら植え込みの影に発見。かくれんぼしている子供を見つけるようで、楽しいですね
b0274159_1510140.jpg









b0274159_15104652.jpg
















あの辺りは玉川上水もあり、散策するのに良いですね。
小平市 平櫛田中彫刻美術館  
http://denchu-museum.jp/
[PR]

by atelier-tsubaki | 2013-03-07 17:30 | 建物探索

『マッピー』用ボーダー

<< 日光街道 栗橋関所・栗橋宿を元... オイコスフォーラム連続セミナー... >>