茶室の壁│遠山記念館 その1

3月のことですが、数奇屋の見学に遠山記念館に行ってきました。川島町にある遠山記念館、駅からも遠く行きやすい場所ではないですが、職人技がたくさん見られる数奇屋のテーマパークのような建物です・


離れにあるお茶室。壁の模様のようなものは錆壁。土壁の中の鉄分などが酸化して出る模様を楽しんだそうで、犬山にある国宝茶室、如庵(じょあん)などの壁にも見られるもの。時間が経つと色が濃くなっていくそうだけど、色の出方をコントロールするのは難しいようです。
b0274159_10213789.jpg



b0274159_12135826.jpg


土壁の表情がふっくらとしていて、深く包み込まれるような空間でした。


遠山記念館 http://www.e-kinenkan.com/
※離れのお茶室、通常は非公開です。定期的にお茶会が催されています。
[PR]

by atelier-tsubaki | 2013-04-08 23:40 | 建物探索

『マッピー』用ボーダー

<< 田園の数奇屋建築│遠山記念館 その2 幸手市の旧家 岸本家住宅│上庄カフェ >>