奥深い!建築金物の世界│和風金物の実際

数寄屋を学ぶ上で、とご紹介いただいた本です。

b0274159_8574057.jpg


数寄屋・町家・蔵・茶室・寺社にいたる金物の種類と意匠、使い方を多数の写真と図面で説いた和風金物大全。
本書帯より


初版は1998年に刊行されたものですが、昨年ページ数も増えて改訂版が出版されました。

和風建築の金物全般を取り扱った実用書の部類にはいる本ですが、各金物が使われているシーンの写真も美しく、いつでも手元に置いておきたい一冊。


写真で紹介された事例は銀閣寺、唐招提寺のような寺社から京都の町屋、川越の蔵造りまで多岐にわたっています。金物各々について名称、意味、使い方が写真や図解で丁寧に説明されていて、図鑑としても楽しいつくりです。


眺めていると、取っ手や釘隠しといった金物、建物全体に占める面積はほんの僅かですが、ぴりっと空間を引き締めるおしゃれな使い方の数々・・。和風に限ったことではありませんが、金物が控えめに主張する洗練された空間、憧れます・・。


特にお茶室の章は、狭い空間にこれだけの金物が使われているのかと圧巻でした。


建築の細部に興味のある方、おすすめです。
[PR]

by atelier-tsubaki | 2014-01-24 09:50 | 建物探索

『マッピー』用ボーダー

<< 古材を使った増築工事 栗橋宿 街角ギャラリー >>