新潟の名建築 谷村美術館│北陸建築旅


b0274159_15272137.jpg

北陸の旅行も終わりに近づいてきました。


金沢を離れ、糸魚川に。

木彫芸術家 澤田政廣の作品群を展示した谷村美術館が今回の最終目的地です。

今回初めて訪れましたが、巨匠、村野藤吾の最晩年の作品としても建築好きの人には知られています。


b0274159_16021693.jpg




シルクロードの遺跡、敦煌の石窟寺をイメージした建物。木造の屋根のかかった回廊を通り、館内に入ります。

内部は彫刻1体につき、1つの部屋が割り当てられたつくりで、特殊な形の外観は、内部に様々な形で自然光を取り入れるためでもあります。

彫刻をどのように見せるか、そのためにどのように光を取り入れ、反射させるのか、

その工夫を後から美術館スタッフの方の解説でお聞きしました。

そのアイデアや効果は本当に素晴らしいのですが、最初に館内を周る時には知識のない状態で見るのがおすすめです。

後から解説を聞いた時の感動が2倍になります045.gif



b0274159_16291134.jpg


たまたまなのか、他に人も見当たらず、彫刻1体1体と対話するような時間を過ごすことができました。


澤田政廣のつくる仏像は、近寄りがたい感じはなく、

生き生きとした生命力にあふれ、時にユーモラスで、

また包み込むような暖かさを感じ、見ていて飽きることはありませんでした。


なによりも像が佇む姿が美しく、

美術館としての建物のありようも素晴らしいと思いました。



b0274159_15272572.jpg

2時間くらい一人でじっくりと鑑賞できたのは幸運でしたが・・

資金難で一度は閉鎖したこちらの美術館、もっといろいろな人に訪れてほしいものです027.gif

谷村美術館HP




関連記事
北陸 建築旅
加賀市橋立伝建保存地区│北陸建築旅 
金沢 雨とお茶室│北陸建築旅
成巽閣 兼六園│北陸建築旅
光のアート 金沢21世紀美術館│北陸建築旅
加賀藩武家屋敷野村家│北陸建築旅
加賀藩武家屋敷野村家 茶室編│北陸建築旅

北陸建築旅編、今回で終了です。







[PR]

by atelier-tsubaki | 2014-04-20 16:39 | 建物探索

『マッピー』用ボーダー

<< 墨付け│国産材の家づくり 加賀藩武家屋敷野村家│北陸建築旅 >>