上棟しました!

2日遅れのブログ更新です。

月曜日は川越の家、新築部分の棟上げでした。


b0274159_09085138.jpg

柱、梁、、どの材から建てていくかは棟梁の頭の中に入っています。

棟梁の指示に合わせ、大工、鳶の総勢8名+レッカー車で息の合った仕事を見せてくれるのは流石です。


b0274159_09443118.jpg

木材は埼玉県産の西川材を使っています。

梁は途中のつなぎ部分でどうしても強度が落ちるので、なるべく長いものを入れてもらっています。




b0274159_09085239.jpg
古い家屋の解体部分から移築した丸太梁も、2階和室に差し渡すよう刻まれて、取り付きました。



b0274159_09085288.jpg
最後の一本。棟木が上がって上棟です。



午後からは雨の予報もありましたが、

黒い雲に怯えつつも、大雨に降られることもなく無事に作業を終えることが出来ました。



一本一本、丁寧に刻んでくださった大工さんをはじめ、段取り良く手配してくださった監督、当日手際良く仕事をしてくれた皆様、

ありがとうございます、お疲れさまでした!



b0274159_09085211.jpg

垂木を掛けて、なんとかシートを掛けるところまで進めることが出来ました。

梅雨時期ですがこれでひとまず安心です。




[PR]

by atelier-tsubaki | 2014-06-11 09:40 | +暮らしを繋ぐ 古民家と新しい木の家

『マッピー』用ボーダー

<< 上棟その2 餅まき 川越の家 古民家の現地再生 >>