歴史的建造物の保全・育成に係る専門家育成講座に参加しました

久しぶりにブログ更新になってしまいました・・!

ここしばらく現場に出ることが少なく、家で仕事をしつつ子供との時間をすごしておりました。

b0274159_16175720.jpg
しおり、11カ月になりました(*^^*)

子育ての大変さに遅ればせながら気づいてきたこの頃です。


さて、先週末は千葉建築士会主催の
「歴史的建造物の保全・育成に係る専門家育成カリキュラム」に参加してまいりました。


歴史的建造物というと法隆寺や日光東照宮が思い浮かびますが、
そのような国宝クラスの建物からもう少し身近な古民家、
はたまた富岡製糸場のような近代建築まで多岐にわたります。

今回の講座ではそういった建物自体の魅力と合わせ、
建物の周囲の環境や歴史的背景まで
総合的に保全や活用に取り組んでいく専門家を育成することが目的となっています。

個人的には、古い建物の調査や修復ももちろんですが
歴史ある町並みを活かしたお店づくりや町づくり、まち歩きの企画など
具体的に歴史的な町並みの魅力を広く人に伝えることで保存につなげていけるといいな、
と思っています。


ここ数年は街並み保存として、埼玉県久喜市の方で
「日光街道 栗橋関所・栗橋宿を元気にする会」取り組んでいました。

今回の講座で専門的知識を身に着け、
千葉県の方でも歴史的な建物に携わっていきたいと思います。


何にせよ課題もいくつか出る半年間のカリキュラムを無事終えることが出来るよう
頑張ってゆきたいです!(^^)!




[PR]

by atelier-tsubaki | 2016-08-01 17:56 | その他

『マッピー』用ボーダー

<< 新しいプロジェクト│埼玉県久喜... 杉戸町 築50年木造住宅のリノ... >>