人気ブログランキング |

カテゴリ:+暮らしを繋ぐ 古民家と新しい木の家( 34 )

『マッピー』用ボーダー

1年点検

昨年竣工した住宅の1年点検のため、川越まで行ってきました。

b0274159_23162620.jpg

外壁の板がいい感じに色づいてきました。青い空に良く映えます。



by atelier-tsubaki | 2016-02-13 23:16 | +暮らしを繋ぐ 古民家と新しい木の家

『マッピー』用ボーダー

川越の家 引き渡し、見学会無事終わりました

先日お知らせした見学会では、ご近所の方など含め沢山の方に来ていただきました。


古い建物を再生した部分は一般住宅ではあまり目にしないので、

興味を持って見ていただいたようです。

それだけ古いものが簡単に壊されているというですが、

新しいものだけでは出せない、再生の魅力を伝えていけたらな、と思います。


ご来場の方々はじめ、ご協力してくださったみなさま、

どうもありがとうございました。

b0274159_09105337.jpg

最後に土間用テーブルを欅の天板でつくりました。






by atelier-tsubaki | 2015-01-28 09:22 | +暮らしを繋ぐ 古民家と新しい木の家

『マッピー』用ボーダー

川越の家 オープンハウスのお知らせ

このたび、お施主さんのご好意によりオープンハウスを行う運びとなりました。
皆様のお越しをお待ちしております。

日時:1月25日(日) 10:00~16:00ごろ
場所:川越市山田 
   川越駅か本川越駅よりバス 康正会病院前バス停で下車(約20分)
詳しい地図はメール(y-kasa@hotmail.co.jp)にて差し上げます。

監修:株式会社和田工芸
設計・監理:木の家設計室 アトリエ椿
施工:自由設計の家内田工務店(株)


*********以下ご案内です*********

大きな欅の木に守られるように建つ、築80年の平屋の木造住宅。
ご家族の遍歴に合わせて増改築を繰り返してきました。

今回、劣化の激しかった北側水周りなど増築部を取り除き【離れ】として再生しました。
広い土間は明るく、風が通るようになり、漆喰を塗りなおした書院障子のある座敷も
見違えるように綺麗になりました。

【離れ】の再生と合わせ、南側には新しい生活空間となる2階建ての家を増築しました。
こちらはシンプルな木の家ですが、一部取り壊した既存部の梁を移築して
古い家の生活の記憶を繋いでいます。



b0274159_19110050.jpg
【離れ】修繕前



b0274159_19282591.jpg
新旧の建屋が庭を囲む



b0274159_19284389.jpg
内部構造はなるべく残し、痛みの激しい部分のみ継手仕口で修繕した



b0274159_19364903.jpg



b0274159_19550590.jpg

座敷書院障子はデザインはそのままに、組子を新しいものに交換した




b0274159_19551934.jpg
新築棟 居間



b0274159_19284302.jpg
 新築棟 和室の寝室に古い梁を移植した


どうぞよろしくお願いいたします。






by atelier-tsubaki | 2015-01-17 20:07 | +暮らしを繋ぐ 古民家と新しい木の家

『マッピー』用ボーダー

2015年 始動しました!

新しい年が始まりました。皆々様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

初現場は川越の外構工事です。

b0274159_19401099.jpg

b0274159_19405576.jpg
古瓦を小端建てにしたアプローチは、同じく川越の中院にあったものと同じイメージで、とお施主さんが希望されたものです。

川越 星野山 中院


外構屋さんも苦労してカーブを形づくってくれました。




造る過程では、瓦裏側の引掛け部分を1つ1つ外してから並べていきます。


b0274159_19472329.jpg

取り外した部分は雨落としに、砂利の代わりに敷き込みました。

b0274159_20003107.jpg

瓦もここまで使ってもらうと満足でしょうか!?



本年も精進してまいります。よろしくお願いします!




by atelier-tsubaki | 2015-01-06 20:03 | +暮らしを繋ぐ 古民家と新しい木の家

『マッピー』用ボーダー

古民家部分 釘隠し

川越の古民家再生工事、仕上げ段階に入っています。

古くなって味のついた、釘隠しの金物は
お施主さんの支給品です。

b0274159_22410678.jpg

b0274159_22264596.jpg

銅釘を錆びさせたもので留めようと試みたのですが・・
以前人づてに聞いた醤油につける方法、今回は良い結果が出せませんでした。


b0274159_20265823.jpg
銅と、真鍮も試してみました。


結局塗装済みの鉄くぎで留めて、問題なかったですね!





玄関脇はスイッチやインターホンなどの機能が集約するようになるので
小壁をつくり配線スペースとしました。


b0274159_22564596.jpg


b0274159_23034210.jpg


古い家の場合、真っ直ぐに見える柱や梁も木の癖や全体の経年変化で
曲がっていたり、垂直に立っていなかったりというのがほとんどです。

それに合わせて新しい部材の方を一つ一つ削ったり、
時には古い方に手を入れたりしながらの工事になりますので
大変手間のかかる仕事と言えます。

今回もいろいろと面倒なことをお願いしてしまいましたが
丁寧にやっていただいて感謝です!



外構工事も1月末の引き渡しに向けて、始まりました。
b0274159_22272999.jpg
降ろした瓦を色々と使っていく予定です








by atelier-tsubaki | 2014-12-25 23:28 | +暮らしを繋ぐ 古民家と新しい木の家

『マッピー』用ボーダー

壁塗り│住宅の仕上 コスト・性能

川越の家、新築部でも仕上げ工事が始まっています。


土壁に漆喰塗りの古民家部に比べてローコストな仕上げにしているコチラ、

仕上は1Fは石膏プラスター薄塗りと杉板張り、

2Fは和紙貼りと杉板張りとしています。



ここで壁のコスト、性能について。

大雑把いうと、

石膏ボード+ビニールクロス < 石膏ボード+塗装(ペンキなど) ≒ 和紙貼り ≒ タイル張り < 石膏ボード+塗り壁(薄塗り)

の順に高くなっていきます。
価格はクロスの種類、塗り壁の場合塗り厚でも変わってきます。

その次に、

ラスボード+塗り壁(厚塗り)< 木摺り+塗り壁 < 木舞+塗り壁 

と続きます。


板張りは木の種類やグレードで大きく変わってくるのでここでは省きましたが、
今回使ったのは節有の杉板 厚さは12mmのもので塗り壁より安く仕上がっています。

b0274159_19163383.jpg
子供部屋は節有の杉板を横張



性能的にはビニールクロスはマイナス面しか感じませんが(接着剤に含まれる化学物質の問題、裏面にカビ、静電気、時間が経つほど汚くなる、、etc)
塗装は塗料次第、和紙貼り・布張り・タイル張りなどはほぼ無害、ただしこれも接着剤の種類によります。

塗り壁は塗るものより、むしろ塗り厚で性能が変わってきます。
2~3mm程度だとそこそこですが、塗る面積が大きいなら湿度コントロールや臭いを吸いとる効果は
実感できると思います。


今回はローコスト版の塗り壁で 吉野石膏の『ケンコート』を使いました。



b0274159_18561656.jpg

工事中・・



b0274159_18570281.jpg

完成!


写真だと下地と色の違いがわかりにくい・・(?)

ちなみに、お施主さんが選んだのは黄じゅらく(Y-300)という明るめのブラウン色です。



b0274159_18591143.jpg
天井 テクスチャーのある塗り方をしていただきました。

キッチン周りだけは汚れが付きにくいよう、凹凸なく抑えてもらっています。



b0274159_19035594.jpg
壁です。


徐々に仕上がっております。











by atelier-tsubaki | 2014-12-08 19:21 | +暮らしを繋ぐ 古民家と新しい木の家

『マッピー』用ボーダー

古建具

川越の家では大工工事が終わり、仕上げ工事を進めています。
合間で完了検査もさりげなく終わりました。。


さて、お次は建具。

古民家部分、外部は今まで使っていた建具が状態が悪かったので
ほぼ取替となります。

内部のは襖などそのまま使うものもあるのですが、
破損しているものを直したり、古建具を交換したりとこちらもかなり手が入ります。



b0274159_09110138.jpg



b0274159_09115371.jpg

大きな土間のある家ですので、土間まわりは古い建具で揃えました。

上の写真の講師部分は裏側が着脱式の障子になっています。
夏と冬で使い分ける生活の知恵は引き継いでゆきたものです。







by atelier-tsubaki | 2014-11-26 09:20 | +暮らしを繋ぐ 古民家と新しい木の家

『マッピー』用ボーダー

川越の家 形になってきました。

b0274159_17314744.jpg
古民家再生部分

建具(障子、ふすまなど)がないと一室になります。
かなりの大人数でも対応可能な【日本家屋】です。

北側をふさぐように増築されていた水周りを取り払い、窓を設け
明るく、風とおし良くなっています。


b0274159_17465687.jpg



新築のほうです。

再生部分と同じく真壁で作っていますが
くだけた雰囲気です。

あ、今は散らかった雰囲気ですね・・。
佳境なのでお許しください。

b0274159_17333121.jpg




by atelier-tsubaki | 2014-11-11 18:00 | +暮らしを繋ぐ 古民家と新しい木の家

『マッピー』用ボーダー

川越 星野山 中院

今日はお庭の見学を兼ね、お施主さんに同行して川越の中院へ行ってきました。

天台宗別格本山 中院


b0274159_18535649.jpg
瓦を使った歩道を歩きました。



b0274159_18551985.jpg
山門で切り取られた景色。境内は涼しい風が吹いていました。





最近は現場から現場への移動ばかりで潤い不足を自覚しておりましたが

瑞々しい木々や苔の作り出す日本ならではの景色に癒されたのでした(^^)






by atelier-tsubaki | 2014-11-10 19:09 | +暮らしを繋ぐ 古民家と新しい木の家

『マッピー』用ボーダー

秋晴れ

川越の家は今週足場が外れました。

青い空に杉板の外壁が光っています。

b0274159_18410379.jpg


b0274159_18412647.jpg


b0274159_19032645.jpg



b0274159_18580673.jpg

外にいるのが気持ち良い季節ですね。


大きく育った樹に囲まれた敷地なので

1階からも2階からも緑が眺められるうらやましい環境です。

とはいえ、お施主さんにとってはこれからの数か月

木の葉の処理で頭の痛い日々となります・・。


b0274159_18394751.jpg


b0274159_18492911.jpg



さて、大工工事はあともう少しです。

b0274159_19012855.jpg



by atelier-tsubaki | 2014-10-30 19:10 | +暮らしを繋ぐ 古民家と新しい木の家

『マッピー』用ボーダー