人気ブログランキング |

<   2014年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

『マッピー』用ボーダー

自然素材で プチ・リフォーム

工期2週間ほどの小さなリフォーム。

昨年、居間や寝室を改修したお宅のトイレ・洗面所です。


自然素材で プチ・リフォーム_b0274159_19393102.jpg



トイレは最初から床の結露に悩まされていました。

その原因は床下にモルタルを増し打ちしていたため。

増し打ちしたモルタルの上に直接タイルを貼っていたので

極端にゆうと床が外気と同じ温度になり、

室内との温度差で結露してしまいます。


床を剥ぎ、モルタルも斫って床下に空気層をつくり、床下で空気が動くようにします。

加えてビニールクロス貼りだった内装も無垢の板や塗り壁といった

調湿性のある素材に変え、快適な小空間を目指します。


自然素材で プチ・リフォーム_b0274159_20351759.jpg
Before



by atelier-tsubaki | 2014-07-30 20:36 | +インテリア・エクステリア

『マッピー』用ボーダー

棟札

週の始まり、月曜日です。今週も暑さに負けず、皆様よろしくお願いします!



昭和8年に建てられた家屋の改修工事、

屋根の葺き替え、下地が大体終わりました。


棟札_b0274159_18161985.jpg


棟札_b0274159_18220551.jpg



桁(外側にある梁)はねじれが出たり、支えている柱が年月を経て短くなっていたりで

そのまま葺き替えると屋根の先端がまっすぐ揃わない。

それで、下がっている所はパッキンを入れたりして調整しています。

垂木もどうしても痛みが激しい所は交換です。





棟札_b0274159_18161977.jpg

先週工事していた玄関上の入母屋屋根部分の見上げ。

天井の中に隠れる部分なので、今だけ見れます。




棟札_b0274159_18161949.jpg


新しい棟札

お施主さんが用意してくれました。

見たら、棟梁だけでなく、関係した職人みんなの名前を入れてくださっていました。

私も自分の名前を見てテンションアップ!!

単純です~ 笑






by atelier-tsubaki | 2014-07-28 18:41 | +暮らしを繋ぐ 古民家と新しい木の家

『マッピー』用ボーダー

入母屋屋根 葺き替え


入母屋屋根 葺き替え_b0274159_10290286.jpg

川越の家です。新築棟の外壁は杉板の下見板張り、という張り方。
薄い板を下から重ねてゆき、上から押し縁でおさえます。

外壁も一等材、という節のある材料にしていますが、
正面部分は大工さんが赤みの強い、良い材料を選んでくださっているので
綺麗な板です。
だんだんと『木の家』らしくなってきました!




入母屋屋根 葺き替え_b0274159_10393863.jpg

古民家部分。下屋が終わり、玄関上の入母屋屋根、上屋の葺き替えに入っています。


入母屋屋根 葺き替え_b0274159_10290224.jpg

入母屋、という屋根ですが複雑で手間がかかるので
最近の新築ではあまり見ない葺き方です。
屋根の反らし方や大きさによって風格を与えたり、軽妙な印象を与えたりと
素敵な『和』のデザインです。
それだけに、設計的にもバランスの難しいものです。

この部分は傷みが激しかったので
構造の梁や痛みのなかった主要部だけ残して葺き替えです。



入母屋屋根 葺き替え_b0274159_10525985.jpg

もともとの外観。正面の入母屋屋根が変化を与えていて、軽快な感じがしますね045.gif






by atelier-tsubaki | 2014-07-24 11:12 | +暮らしを繋ぐ 古民家と新しい木の家

『マッピー』用ボーダー

古民家部分 屋根改修 その2

突然大雨が降ったりで、天気予報通り不安定な日々が続いています。


古民家部分 屋根改修 その2_b0274159_20302790.jpg

現場の方は順調に軒先周りの改修工事が進んでおります。
手前に見えるはお施主さん支給の『焼酎がおいしくなる天然水 財宝』。現場で水割りを作るわけにはいきませんが、本当に美味しいお水でした♬


古民家部分 屋根改修 その2_b0274159_20302668.jpg
丸太梁の力強い軸組みはそのままに、極力残しています。
垂木は既存と同サイズなので細く見えますが、野地板を挟んで上からもう1本流し、引き寄せています。

古民家部分 屋根改修 その2_b0274159_20302762.jpg
内部は床・壁に手を付ける前に電気の配線工事。

土壁の家なのでコンセントを付けるところも限られています。
特別にオール電化などするわけではないですが、それでも圧倒的に照明、家電が増えています。

電線の長さは30年前と比べても3倍くらいになっているでしょう。

省エネも大事ですが、プラスして電磁波にも気を付けたい所です。
昨年通信講座を受けていたバウビオロギー(建築生態学)でも、電磁波の健康被害については深刻に受け止めています。
家庭内の電磁波について興味のある方、レジナのHPお勧めです。


古民家部分 屋根改修 その2_b0274159_20302746.jpg
合わせて新築部分、こちらも大工さん2人で進めています!





by atelier-tsubaki | 2014-07-18 20:56 | +暮らしを繋ぐ 古民家と新しい木の家

『マッピー』用ボーダー

古民家部分 屋根改修

昭和8年に作られた木造住宅の改修工事、今月に入ってからは屋根部分に取り掛かっています。


古民家部分 屋根改修_b0274159_19391289.jpg

垂木や野地板は、先端の傷んでいるところを交換していきます。

今回、板ものなどもなるべく再利用する方針で、となっています。
野地板は既存のものの上に新しいものを重ね、二重にしてしっかり防水します。


古民家部分 屋根改修_b0274159_19382381.jpg

増築していた北側下屋部分は解体が終わっています。小さく造り直す部分が新しい材料で組まれています。



古民家部分 屋根改修_b0274159_19384305.jpg

幸い、元の梁の劣化はなかったので、足りない部分だけ新しい材を継いでいます。

構造に関しては、年月が経っている分、杉とは思えないくらいに材木自体が堅くなっていて材料自体の強度は増しているようです。
接合部分もしっかり組まれていて、手で押してもびくともしませんでした。ホゾがくさび状になって組み合わさっているようす。


今週は天気が悪いので内部工事と半々でやっていくようですね。






by atelier-tsubaki | 2014-07-07 20:42 | +暮らしを繋ぐ 古民家と新しい木の家

『マッピー』用ボーダー