人気ブログランキング |

タグ:茶室 ( 6 ) タグの人気記事

『マッピー』用ボーダー

数寄屋大工棟梁 中村 義明 氏 講演会 @遠山記念館

昨日は数寄屋大工の棟梁、中村 義明氏の講演を聞きに遠山記念館に行ってきました。


b0274159_22384726.jpg
何度目かの遠山記念館、見どころが多くていつ行っても新鮮・・なのは
単に記憶力がない故なのかもしれません005.gif



数寄屋建築の分野で日本を代表する 中村外二工務店 の2代目の義明氏、
本拠地は京都ですが国内外を飛び回っていらっしゃいます。

最近では羽田空港のターミナルの江戸小路のプロデュースと工事をされたとのこと
現在第二期工事で日本橋を作っている最中だそうです。


講演は数寄屋の話を中心に、木造建築の歴史から最近の施工事例まで、
あっという間の2時間でした。



日本の木造建築の始まりが森の中に木のような建物を建てた、という
伊勢神宮の例から始まり、

平安の寝殿造りは畳がなかったので自由な間取りで建てていたこと、

室町に入り書院造りになると柱も角柱になり、畳が導入されて寸法が決まってきたこと、
建物が直線的になったのは武士の重んじた禅宗の影響もあること

など、

各時代の様式も背景の歴史や技術の進歩との結びつきが見えると
生き生きとよみがえってくるように感じます。



また、数寄屋は浮遊感があるようにつくる
というお話があり

窓から眺めや開口部の位置で浮いている感じを出す

ということです。


民家だと、土から生えているようなしっかりしたものが多いですが

数寄屋は柱も細く細く、壁も極力薄く、天井も低く作られていますから、

重力から解放されたようで、

その対比は強烈です。



遠山記念館の座敷の方でも、具体的な柱の太さや

壁の大きさ、天井の棹縁の見付のお話まで、

また京都の数寄屋建築と関東との違い、時代によっての寸法の傾向など

本当にこの場ならではの貴重なお話を伺うことが出来ました。



奥深い数寄屋建築の世界、その背景となる歴史も中村棟梁の口から聞くと

その時代を生きた人への共感がわき、何故か身近に感じられるのが不思議でした。



それにしても事例で出ていた 和久傳、俵屋、行ってみたいなぁ・・・
高台寺和久傳

俵屋













by atelier-tsubaki | 2014-05-12 00:08 | その他

『マッピー』用ボーダー

加賀藩武家屋敷野村家 茶室編│北陸建築旅

加賀藩武家屋敷野村家 茶室編です。

前回の記事 加賀藩武家屋敷野村家│北陸建築旅 の続きになります。



濡れ縁を通って一旦外にでると、先ほどまでの『真』の雰囲気がガラッと変わって『草』のやんわりした感じになります。



b0274159_11471216.jpg

階段を上っていくと、その先にも坪庭が。そしてまた灯籠が。

灯籠なくして庭はなし、とでも言うべきか、ともかく灯籠三昧です(笑)。


b0274159_11471224.jpg


各所に配された庭、表側の庭園と比べると本当に小規模なのですが、詫びた感じのしつらいにほっとするような・・。

お茶室へのアプローチの演出、心憎いです。




入口の引き戸は網代と障子の組み合わせた建具。他であまり見ない意匠ですね。

b0274159_14343563.jpg




こちらは控えの間。踏み込み床があり、竹を刺し違えたような落とし掛けが印象的です。

b0274159_15034964.jpg


雪見障子も書院の方と比べるとずいぶん枠が細い。

b0274159_14432904.jpg


天井は真菰、垂木は煤竹です。

b0274159_13380553.jpg





4畳半茶室、壁床の小間。

b0274159_13373898.jpg



壁ちりの小さい、柔らかい空間ですが、紙の白さがきりっと引き立ちます。

細い壁見切りがまわっており全体的にモダンな印象です。


b0274159_13375164.jpg



天井がすごいことになってました。桐の板に神代杉を重ねた、レイヤードスタイルです。

押縁の松はまっすぐに育てるのが大変なものをあえて使う、とは前日の成巽閣の茶室見学で教わったばかりの知識です。

b0274159_14044207.jpg




垂木は皮を剥いた小丸太(北山丸太?)と皮付きの丸太を交互につかう凝りよう。


b0274159_13375186.jpg


庭の全景が見渡せる明るい茶室は、求道的な茶道というより、むしろ社交の場としての意味合いが強かったのかも。

乙な材料に囲まれた楽しくなるお茶室でした。



こんなさりげない壁床、こじんまりしてちょっといいな、と思います。

b0274159_14525623.jpg




関連記事
北陸 建築旅
加賀市橋立伝建保存地区│北陸建築旅 
金沢 雨とお茶室│北陸建築旅
成巽閣 兼六園│北陸建築旅
光のアート 金沢21世紀美術館│北陸建築旅





by atelier-tsubaki | 2014-04-20 16:39 | 建物探索

『マッピー』用ボーダー

金沢 雨とお茶室│北陸建築旅

北陸の旅、2日目は金沢に移動。あいにくの大雨でした。

金沢は「弁当忘れても 傘忘れるな」と言われるほど雨の多い町だそうです。という訳で、より「金沢らしさ」を感じることが出来たのではないでしょうか・・・。

b0274159_18323573.jpg

市内では黒瓦の建物がよく見られました。




最初の見学先、松声庵。幕末の数寄者、金谷三次郎邸にあったものの移築で、現在でも茶事で使用されています。
b0274159_14152655.jpg

b0274159_15464073.jpg

3畳の小間。奥、右側の死角になっている所に貴人口があり、ハイサイドライトが設けられていました。光と闇の濃淡がドラマティックな独特のつくりです。
(上2枚の写真は同行の建築家、新井アトリエ一級建築士事務所 代表 新井 崇文氏 撮影のもの)




b0274159_15014593.jpg

小間の隣にある五畳本勝手の席は土縁付きです。『土縁』は、庭に面するところにある、土間の縁側のこと。雨戸は縁の外側に付きます。

『土縁』付の茶室は本などで良く目にしましたが、なんとなく特別なデザインのように感じていました。それが今回の旅行で、雪国では『土縁』は雪の侵入を防ぐため、民家にも見られる形式だと知りました。


b0274159_15380950.jpg
  前の日に見学したお屋敷あった、『土縁』。



b0274159_15022798.jpg
日本的な外部と内部の中間領域。雨や雪を防ぐ知恵から生まれた、必然のデザインだったのですね。



次の一軒、こちらは大正10年に建てられた、旧園邸。10畳の広間と3畳台目の小間があり、本格的な茶事が催せる茶室として評判だったそうです。

b0274159_14312714.jpg

b0274159_14263212.jpg

b0274159_14252925.jpg
苔がきれいです。お庭の作り方も、文化的に成熟したものを感じます。


続きます。


関連記事
北陸 建築旅  
加賀市橋立伝建保存地区│北陸建築旅  





by atelier-tsubaki | 2014-04-07 18:38 | 建物探索

『マッピー』用ボーダー

家づくり学校 最終プレゼン・卒業

4年前から通っている 「家づくり学校」 、昨日は最終プレゼン&卒業式でした。


4年生だった今年度、私はまるまる1年をかけて「お茶室のある住宅」の設計に取り組んできました。
(講師の先生に生徒が数人付くスタジオ制で、各スタジオによってテーマは変わります)
b0274159_1911359.jpg



建物の見学に行ったり、実物に触れながらの実務に即した内容が特徴の家づくり学校。設計事務所勤務や独立して事務所を営んでいる人がほとんどの生徒にとって、アトリエ事務所で設計を学ぶ4年生は中でも魅力的なカリキュラムです。

b0274159_18245775.jpg




社会人になってしまうと学ぶのが大変、とよく言われますが、むしろ仕事を始めてからの方が真剣に勉強するのかもしれません。



b0274159_1853146.jpg

優秀賞で小さなタテを頂きました。今年は4スタジオそれぞれに賞が付きました。



社会人向けの学校にふさわしく、卒業式は居酒屋で。。


1度生徒になると講義や見学会には単発でも参加できるので、これからもお世話になると思いますが、とりあえずこれで卒業、一区切りです。
講師の先生方はもちろんのこと、一緒に学ぶ同期のみなさんがいなかったら続かなかったと思います。
どうもありがとうございました。

by atelier-tsubaki | 2014-02-10 19:23 | その他

『マッピー』用ボーダー

奥深い!建築金物の世界│和風金物の実際

数寄屋を学ぶ上で、とご紹介いただいた本です。

b0274159_8574057.jpg


数寄屋・町家・蔵・茶室・寺社にいたる金物の種類と意匠、使い方を多数の写真と図面で説いた和風金物大全。
本書帯より


初版は1998年に刊行されたものですが、昨年ページ数も増えて改訂版が出版されました。

和風建築の金物全般を取り扱った実用書の部類にはいる本ですが、各金物が使われているシーンの写真も美しく、いつでも手元に置いておきたい一冊。


写真で紹介された事例は銀閣寺、唐招提寺のような寺社から京都の町屋、川越の蔵造りまで多岐にわたっています。金物各々について名称、意味、使い方が写真や図解で丁寧に説明されていて、図鑑としても楽しいつくりです。


眺めていると、取っ手や釘隠しといった金物、建物全体に占める面積はほんの僅かですが、ぴりっと空間を引き締めるおしゃれな使い方の数々・・。和風に限ったことではありませんが、金物が控えめに主張する洗練された空間、憧れます・・。


特にお茶室の章は、狭い空間にこれだけの金物が使われているのかと圧巻でした。


建築の細部に興味のある方、おすすめです。

by atelier-tsubaki | 2014-01-24 09:50 | 建物探索

『マッピー』用ボーダー

田園の数奇屋建築│遠山記念館 その2

遠山記念館の続き、本館編。お茶室編はこちら


本館は数奇屋造り部分と、民家を感じさせる茅葺屋根や小屋組みが見られる部分とが合わさった珍しい建物。これは昔住んでいた家の面影を母のために再現したいという、建て主である日興證券創立者の遠山元一氏の希望によるものだそうです。玄関も数奇屋風ではなく茅葺屋根。
外観写真は遠山記念館HPご覧下さい。
b0274159_2041597.jpg


b0274159_2065485.jpg


b0274159_2138637.jpg


立派な座敷が連なりますが、日常の生活の場としては囲炉裏端が落ち着くという感じもあったのかも。
b0274159_2062161.jpg



両方が無理なくつながっているのは棟梁の卓越した技術とセンスによるものが大きいと思われます。周囲の田園風景に茅葺屋根が良く似合います。


和風建築だけに、天井にもかなりのこだわりが。この廊下の天井板は柾目、板目を交互に使っていました。細い棹縁がシャキッとして美しい。材の一つ一つの緻密な加工とバランスが空間全体を洗練されたものにしています。
b0274159_20164970.jpg



こちらにも錆の出た壁がありました。お茶室になっています。
b0274159_20413765.jpg




数奇屋ならではの遊び心でへんな唐紙も。

象形動物たち。
b0274159_2022313.jpg


まんじゅう菊・・・
b0274159_20224613.jpg




今回の見学会は建築の実務者のための講座、家づくり学校の課外授業でした。石切り場を見学したり、このように普段入れないような所に見学に行ったり、と設計の幅を拡げるために充実した講義内容で今年は最終学年の4年生、また1年間勉強するのが楽しみでもあります。

NPO法人 家づくりの会  http://npo-iezukurinokai.jp/about/gakkou/
ただいま新入生募集中、です。

by atelier-tsubaki | 2013-04-09 21:11 | 建物探索

『マッピー』用ボーダー